フジタノブログ

ダイエットや仕事や趣味など、気になったことを好きなように書いていきます

ブログをやろうと思った理由について

それはそうと今日でブログを初めて1ヶ月がたちました。

 

アカウントは前からあったんですけど書き始めたのは本当になんとなくでした。

本当に飽き性なので日記を書いたりするのも今までぜんぜん続かなくてすぐ終わってたんですけど、人から見られてたらやめないんじゃないかとか、そういう想いもありました。

その時自分で考えたことやできごとを残しておいたほうが良いんじゃないかと、なんとなく思ったのです。

 

最初はブロガーという方々に憧れもあり、なんとなくそれっぽい感じで書いてみたりしたんですけど、なんだか自分じゃないような感じがしてやめました笑

※タイトルは今もそんな感じですがね

!笑

こういうブログでバズる記事って所謂ノウハウ系だと思うんですが、それって、本人に本当にその知識があれば良いけれども、私はあまり知識がないので、本とか、ネットの海から拾い集めたノウハウをまとめたところで意味あるのかなあと思い始めました。

もちろんそうじゃないブログがたくさんあるのも存じ上げています。

ただ、ブログを始めて、答えをネットから得るのは良くないなあと改めて思ったのも事実です。

やっぱり自分の頭で考えて納得したものが一番なんじゃないかなと、あとは実体験に勝るものはないと感じました。

ごめんなさい、今はまとまらなくてうまく言えないですけど、アナログって軽視されるものではないしすごい力があるなあとそう思いました。

 

なので収益化とかもできたら良いなあとかアクセス数もたくさんあったら良いなあなんて思ってたんですけど、なんかそれはいつの間にか今の自分には合わないなあと考え始めて、感覚のままごはん記録兼ダイエットブログをいまは更新しています。

 

ただ本当に飽き性なのでこれからはそのときハマったものをいろいろ書いていきたいなーと考えています。

あとは文章も、いろいろ踏まえると、長いほうが良いとか言いますけど申し訳ないことにいつも長くかくとか無理なんで、テンションで更新していくよていです。笑

 

そしてブログを書いていたら具合が悪くなってしまって、今月の途中からは休職することになってしまったのは本当に本当にびっくりしましたし、ブログを始めたせいなのかな!?と思ったこともあったけど、今はむしろ逆で、書くことで自分の身体がSOSを出しやすくなったのかなと感じています。

休む直前の記憶はあまりないのですが、ブログを書いている時は楽しかった…というか、自分でいることができて救われたし、会社の話なんかは泣きながらタイピングしてました。自分の体調を客観的に見れたのは多分記事に書いていたからだと思うので、早期に対応することができたのだと思います。

 

休みの間も、仕事に行けなくて無力感や不安に襲われることもたびたびあったのですが、食べたものを更新した、という事実が今日も何かしらの活動をしたぞ!という小さな安心感につながり、なんとか回復につながったのかなと感じてます。ダイエットはさておきですけど。

 

闘病記みたいになりましたが、1か月経ってみて始めて良かったなーと思っています。

スターや読者登録もいただけて本当に感謝しております。ありがとうございます。

 

これからは、ごはん記録もですが、考えをまとめる場としても利用していきたいです。今後ともよろしくお願いします。