フジタノブログ

ダイエットや仕事や趣味など、気になったことを好きなように書いていきます

モテるとかなんだとか言う前に体調崩したらダメ

こんにちは、ふじたです。

休職をうながされてから約1週間。

お久しぶりです。なんとか今日も生きてます。

 

仕事のほうはお医者さんが勧めてくださったとおり、1か月間お休みをいただくことができ、火曜日からは実質非常に暇を持て余した生活を送っています。

涙止まんなくなったときは本当にヤバさしか感じなくて、職を失ってしまうのではないか、この先生きていけるのかというところまで考えてしまったのですが、診断を受け、

 

先生から「アンタもう休まんとアカンよ」と言われた時点で

(あっもうこれ自分にはもうどーにもならないとこまできてしまった…)

(うん、もうこれは周りに判断してもらおう!もうどうにでもなーれ☆)

と、潔くあきらめることができたので、そこからは割と冷静に事を進めることができました。

(ていうか診断書もらってからよくブログ更新したよなっていう感じw)

(正直このときのことはよく覚えてないところもあるので、支離滅裂ですね笑)

 

仕事のストレスが原因でこうなってしまったものの、やっぱり今の仕事を辞めたくはなかったので、とにかく復帰前提ということを理解してもらってお休みをいただけるように、自分の症状をノートにまとめたり、上司への伝え方を練習したり(いつ泣くかわからん状態だったからね☆)しました。

上司にはメンタルクリニックに行ってくるということはあらかじめ伝えてあったので、診断受けてすぐにどのような状態かは連絡してありました。

 

普段の仕事でもそこまで前準備したことはないかなー(ks)

ちなみに準備しすぎて会社に話をしに行く前の日、気持ち高ぶりすぎて寝れなかったから同じ状態の人は気を付けてね!

クソ職場と思っていた職場でしたが光の速さで「休んでおk」と言ってくれたので最低限の引継ぎだけしてそこから休みに入りました。(その日の滞在時間約1時間)

 

今までSNSで愚痴垂れ流してごめんなさい。

っていう気持ちになった、うん、ごめん職場。けど根本は変わってないみたいだからこれからも許さない!けど休みくれてありがとう!

 

それからは普段と違う自分の状態が続いていたので(具体的には、えげつない痛さの口内炎とか、謎の腰痛とか、やたら寝つきが悪いとか…)、なかなか休んでるのに休めないような状態が続いていたのですが、1週間経ってやっと身体と心がリラックスしてきました。

今は身体どこも痛くないし、夜もぐっすり眠れるようになりました!

※休職初日と2日目は、快適な睡眠を求めて日中に筋トレしてみたりしたんだけど、結果寝れないという苦痛を味わいました…

 

体調が落ち着いたから実家に帰ってきたよ!

おかんのごはんおいしい!泣 日本の家庭料理最高!

何より落ち着く~~~

振り返ると去年の夏休みくらいから帰省した時も持ち帰り仕事してて休みはあるんだけど気持ち的に全然休めとらんかった~~

ってことに今気づきましたよ、ワタシは。

 

今振り返るとっていうことがありすぎて、この状態だったら遅かれ早かれヤバくなってただろうなー!と、思うのです。

だから今気づいて休めてよかったです。休みをくれた環境にも心から御礼を言いたい。

ホントに、自分のこともっと大事にしてあげればよかったなーと思います。

 

次の記事では、どんな症状があったのかを振り返ってみますね。

ではまた!